Copyright c Direct Publishing,inc All Rights Reserved.

金以上の価値を持つコレクターズ金貨 

金以上の価値を持つコレクターズ金貨

アートの世界で富裕層が大儲けしていることは、よく知られている。

 

アートは、ここ10年で最高の運用成績を出している資産の1つだ。米国富裕層のほとんどは、アートを利用して財産を増やしている。規制がない……、政府の干渉もない……。まさに自由市場なのだ。

 

しかし、中産階級の投資家は、たいていの場合、そのことを知らない。

 

たとえば、ほとんどの米国人が知らないことだが、ニューヨーク大学のジャンピン・メイとマイケル・モーゼス両教授によれば、過去10年、アートは株式市場での運用成績を342%も上回っている。彼らのアート価格指数は、アート価格の判断基準のなかでもっとも人気が高い。

 

もちろん、運用成績がもっといい個別取引もあるはずだ。ウエストパームビーチ社(West Palm Beach)から、ある男性の話を聞いたが、その男性が10年前に購入した絵画の価格は8,700%も上がったと見られている。

 

マーク・フォードは、過去30年にわたり、1億円に近い額のアート作品を購入してきた。それらは平均して、今では購入価格の2倍近くの価値があると彼は見ている。

 

だが、アートの肝心な話はここからだ。

 

アートで儲けるということは、他のあらゆるタイプの投資とはまったく異なる。たとえば、ギャラリーにふらりと立ち寄り、壁に掛かっている絵画を選び、ひと儲けする……なんてことはあり得ない。

 

だからこそ、いわゆる「イントリンシック・アート」(本質的な価値のあるアート)への投資に、信じられないくらいワクワクさせられるのだ。

 

要するに、我々が見つけたのは独特なタイプのコレクティブル・アートである。合法的に、次の5年で1,000%超の価格上昇可能性があると我々は信じている。

 

心配ご無用。これは絵画、陶器、置物といったものとはまったく関係がない。

 

じつは、これは著名なペンシルバニア州生まれのアーティストが150年前にデザインしたコレクター向けのアート作品なのだ。

 

なぜ、そんなにリスクが低いのかというと……

 

この作品はほぼ純金製なのである。「イントリンシック・アート」と言われているのもそのためだ。美しいだけでなく、金でできているから本質的に価値を備えていると言える。米国のどの州でも大量に見つけられる。

 

この投資機会の素晴らしさは、容易に理解できるはずだ。

 

金価格は、過去10年で460%以上も上昇した。我々がこのアートを見つけて購入したときは、史上最高値水準で取引されていた。これらのコレクティブル・アートの販売価格は、過去の価格と比較するとずいぶん安かったのだ。

 

たとえば、この作品の1990年の販売価格は1万8,000ドルであった。今日の価格は4,295ドルである。……76%も安い。

 

こうした考え方は、まったく主流ではない。我々が知る限り、主要な出版物にこのコレクティブル・アートに関する記載はない。そうは言っても、この作品は国内の何百人ものディーラーと簡単に売買できる。

 

じつのところ、この作品には鑑定書まで付いてくる。ディーラーに対面するわずらわしさなしにオンライン、または電話で購入可能だ。詳細をお話ししよう。

 

これは滅多にないチャンスである。だが、決して誰にでも訪れるというものではない。

 

マークは、このタイプのコレクティブル・アートビジネスに数十年携わっており、以前にも同様のビジネスでひと儲けしたことがある。それゆえ、これが次の数年で儲かるもっとも安全で低リスクの手段の1つになり得ると信じている。

 

この投資で儲かる理由は主に2つ……。

 

まず、この作品が純金製であるゆえに、金価格が上昇し続けるにつれ――これは今後10年間の政府の愚かな浪費癖を考慮したうえでの前提だが――、この作品の価格も上昇するだろう。

 

次に、このタイプのコレクティブル・アートは、その人気が上がるにつれ、金価格の上昇をはるかに上回り、価格が上昇するはずである。

 

合法的に初期投資の1,000%を目標にする投資は、世界でも稀にしかない。だが、これがその1つだ。リスクはほとんど伴わない。それが我々の見解である。

友人に見せびらかしたくなるコレクター向け作品とは

もうおわかりだろう。我々が発見した「イントリンシック・アート」とは、特別なタイプの「金貨」である。

 

これについて説明する前に……大事なことがある。

 

コイン市場の歴史を少し知っておく必要があるのだ。

 

ご存じのとおり、昔のコイン市場は、今日のダイヤモンド業界に似ているところが若干ある。ダイヤモンドを鑑定するのは、拡大鏡を持った専門家でなければならない。傷、色、カット、透明度の知識が必要である。さらに、さまざまなダイヤモンドの歴史と価格についての知識が必要だ。それがあって初めて、個別の宝石の価値がわかるようになる。

 

かつては、希少コイン市場もそうだった。コインの価値を判断するのに、拡大鏡と30年の経験が求められた。プロのほうが素人よりも圧倒的に優位であった。

 

そのために、主流投資家は希少コイン市場に近寄らなかった。不正市場だと考えていたのだ。

 

そこにVan Simmons(ヴァン・シモンズ)が登場した。

 

1986年、ヴァンはプロフェッショナル・コイン・グレーディング・サービス(PCGS)社に共同出資した。そのPCGS社の業務サービスが、コイン業界に革命をもたらした。コイン価格が透明になったのだ。

ヴァンは、希少コインの専門家を雇い、数千億円に相当するコインの鑑定を依頼した。専門家は、鑑定済みのコインを気密プラスチックウォレットに密封した。

 

そのウォレットは鑑定書の役割を果たした。コイン鑑定の知識がまったくない新参の投資家同士でも、取引が可能となったのだ。

 

PCGS社は大きな成功を収めた……そして今も世界トップの鑑定サービス会社である。

 

不正開封防止ウォレット上の説明を見ると、そのコインの希少性、グレード、市場価格がすぐにわかる。

 

つまり、そのウォレットがあるから、コイン収集の知識がまったくない投資家が、専門家と同じ土俵で取引ができるようになったのだ。

 

PCGS社が鑑定し、プラスチックウォレットに入っている希少コインでなければ、買うべきではない。そのウォレットは、悪徳なトレーダーの詐欺に引っかからないための防止策である。

最高級コインを買うための3つの実践考察ポイント

1980年代、マークは実際、金コインの会社のオーナー兼経営者でもあった。その経験から、次の結論に至った。

 

他のコレクター向けの商品と同様、コインについても、品質と希少性がもっとも重要である。他の条件がすべて同じなら、購入可能な価格の範囲で、もっとも貴重で価値のあるコインを買うべきである。いわゆる「●●●●●●資産」である。

内容確認のサンプルのため、重要情報は一部伏せ字にしています。

製品版は全て公開しています。